HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>未分類

He is..

ネパールの首都カトマンドゥからインドの首都デリーへダイレクト40時間BUS。

途中でバスのタイヤはとれるし、前走ってたトラックもタイヤがとれてその道使えず回り道。

インドとの国境では警察がネパーリーの私物のカメラ一台を「貴様インドに売りに行くんだろう!!」と
あり得ない言いがかりをつけてケンカスタート。

隣りにいたおれも荷物全部荒らされて、「金を出せ、それで見逃してやると」
でも日本人だとわかると終了。

さすがインド。

入る瞬間からあきさせない出来事を与えてくれる。

ネパールとインドの友好関係は劣悪と聞いていたけど目の前でみれるとは。

そんな中途中の茶屋で逢ったチベット人。

彼は違うバスで逆のルートインドからネパールへ。

どうしてインドに行ってたのか聞くと、

彼は「I'm refugee」と言った。

彼は亡命者。

14年間自国チベットから離れて生活していて、

ようやく3ヶ月のVISAが取れたからチベットに。

「Free Tibet」

日本でもこの言葉は聞いた事あったけど、それ以下でもそれ以上でもなかった。

中国からの圧力で独自の文化がありながらもそれを認めない中国。

ダライラマを筆頭にその事実を受け入れられない彼らは平和を掲げ争うのではなく非暴力を胸に

亡命インド、他アジア、ヨーロッパ、そして日本にも。

中国に支配されないために。

でも彼は今幸せだと。

20世紀はそういったことで戦争の時代だったと、
21世紀は僕たちが平和を、国を超えてみんなで生きていくんだって。

そういって握手を求められて泣いてしまった。

どんな思いで14年間生きてきたんだろう。

先生をしている彼は14年間インドの子供たちにどんなことを教えていたんだろう。

どんな思いを抱えてチベットに行くんだろう。

このBUSは過酷だったけど彼に逢うための道だったと思うと感謝しかない。

ありがとうサンジ!

彼が最後に「知る事、先入観を持たない事、弱さを知る事を忘れないで」って。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://radiohead0310.blog22.fc2.com/tb.php/83-cd37b7d8

コメント

知ってるかもしれへんけどトヨシゲがいない間に、日本では昨日rei harakamiが脳出血のために40才の若さで急逝したよ。。。涙
悲しい知らせやけど、トヨシゲ彼のこと好きな気がして。伝えといたほうがいいかなと思って。。。
人間いつどうなるかほんまに分からへんよね。
人生に悔いのないように、お互い精一杯今を生きよう。
Ohhhh....
最後の彼の言葉に救われた気がします。 彼との出会いは正に必然だ!

40時間のバスの旅を選んだ時からもう彼との出会いは決まってたように感じました。
先入観を持たない事、すごく大切だと思います。
自分の話ですいませんが、私の会社は多国籍で、109カ国から来た社員が一緒に働いてるんです。だから、インド人は○○だとかモロッコ人のわりに○○だねー..とか国籍で人を判断したりする人もたまにいるんです。
私、その表現がすごく嫌いで国籍なんて名乗らなければ良いのに..って思う事が度々あります。
少なくとも自分は先入観を持たず、これからも人と接していければなーとさらに思いました^^

次はどんな方と出会えるのか楽しみですね!
eimi>
おれも長時間過ぎて心折れそうだったけど彼と会った後、真ん中に心がもどったよ。
ほんとそう、国籍、宗教、人種なんて環境だけの問題で決まることなんてほとんどない、その人をしっかりみないといけないと改めて気づかせてもらえるね。そんな環境にいれるってほんといい環境! 色んな事あると思うけど頑張れ!
ミチカ
おれも。
どうしても忙しい毎日でおろそかになりそうだけど、頭をクリアにしてこの言葉を大事にしたいね。
知らんかった、知らんかったよ。
マジで悲しい。
彼の音楽で何度気持ち良い時間をもらった事か。。
うん。彼の分なんて大逸れた事ができるかわからへんけど、同じミュージックジャンキー同士これからも音楽を愛していこうぜ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。